お風呂ライフ

お風呂の楽しみ方情報サイト。半身浴やダイエット、効果的な掃除の方法などをまとめています。

*

半身浴で冷え性になってしまう間違ったNGなお風呂の入り方

      2016/04/06

penguin-56101_640

半身浴は代謝機能を高めて、痩せやすく太りにくい身体を作ることが出来ます。

下半身だけお湯に浸かっていても、身体の奥まで温めることができるので、普通に入浴するよりも身体に負担を掛けずに代謝機能を高めることができます。

実際に試してみたところ、だんだん冷え性になってきたという方もいるといいます。

その場合は半身浴の方法を間違えている可能性があるので、改めて普段の入浴法を確認して、何が原因で冷え性になっているか改善するようにしましょう。

入浴時間に注意

半身浴を続けていて冷え性になった方の多くは、入浴時間が短い方が多いといいます。

きちんと身体が温まり、汗が出るようになるまでには、少なくとも30分以上は入浴を続ける必要があります。

半身浴中はお湯の蒸気で上半身も暖まりますが、それだけだと上半身が冷えやすいことがあります。

タオルなどを上半身に巻いておくと、冷え性をより予防しやすくなるでしょう。

また冬場はお風呂場が寒くなっているので、ヒーターなどを用意しておくと身体も冷えにくくなります。

 

身体を温める範囲にも注意

半身浴はその名の通り身体を半分だけ温める入浴法ですが、身体を温める範囲が狭いと、中々身体も温まらず、冷え性も進行しやすくなります。

範囲としてはみぞおち辺りまでお湯につけると、心臓や内臓に負担を掛けずに身体をゆっくり温めることが出来ます。

この時腕は外に出しているという方も多いのですが、そうすると身体の熱がどんどん抜けていってしまいます。

ある程度身体が温まるまでは腕までお湯につけたほうが良いでしょう。

湯ざめには要注意

お風呂から出る時には、十分に水分を取り除き、急に体温が落ちないように注意することがポイントです。

この点が抜けてしまうと、急に体温が落ちてしまい、結果的に湯ざめをしてしまうことになりかねません。

浴室の温度と室温の調整を入浴前にチェックされることをお勧めします。

 

寝る時の保温にも注意を

入浴後は、身体の保温を十分に気を使うようにしてください。

この点が抜けてしまうと、寝る時に、つい部屋の温度や自分の保温などを油断してしまう可能性があります。

毎日の生活の中で、十分に保温を図るようにして、身体がさめてしまうことがないように、十分に調整してください。

特にお風呂上がりは、身体の体温が急激に下がってしまいやすい状況なので、ちゃんと管理をされることをお勧めします。

 - 半身浴 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

半身浴のダイエット効果を最大限に引き出す4つの方法

入浴はお湯の温かさや水圧によって様々なダイエット効果を引き出すことが出来ますが、 …

実際のところ半身浴って本当に効果があるの?検証してみました

よくダイエットや美容に半身浴が効果を発揮するといわれています。 果たして半身浴に …

半身浴は毎日続けたほうがいい?ダイエットの視点から考える

半身浴は美容やダイエットなど、様々な効果を発揮してくれます。 代謝機能を引き上げ …

15分以上の半身浴は椅子に座った方が効果的 おすすめの椅子特集

半身浴はダイエットやデトックスの効果などが注目されて久しい入浴法です。 すっかり …

半身浴で頑固な便秘を1週間で解消!簡単おすすめ便秘マッサージ

おなかの調子が悪く、慢性的な便秘になってしまっているという方は、胃腸の調子が悪く …

半身浴で痩せる理由を科学的なメカニズムから検証してみました。

簡単といわれるダイエット法はたくさんありますが、その中には効果がはっきりしないも …

30分?1時間がベスト?半身浴の時間ごとによる効果の表れ方

半身浴の効果は入浴時間をどれだけ掛けたかが重要です。 半身浴には基本となる入り方 …

半身浴を続けたら体臭はどうなる?1週間続けてた驚きの発見!

体臭に関する悩みを抱えている方は非常に多く、特に夏になって気温が上がると、汗が出 …

半身浴で汗がでない3つの原因と見直すべきポイント

半身浴で大量に汗を流すと、スッキリした感じがします。 ダイエットのためにも、半身 …