お風呂ライフ

お風呂の楽しみ方情報サイト。半身浴やダイエット、効果的な掃除の方法などをまとめています。

*

お風呂で突然死が起こるメカニズムとは?予防と対策まで

      2015/11/17

glass-671963_640

時折お風呂で突然死が発生するケースがあります。

特に高齢者に起きやすいといわれており、中には中々発見されないまま放置されたケースもあるので、高齢者の方はもちろんですが、単身者の方も注意が必要です。

もちろん何の理由もなく死亡するわけではなく、様々な要因が重なり合った結果、死亡事故が起きていることのほうが多いのです。

少しでも安心して過ごしたいという方は、前もってメカニズムや予防、対策について学んでおくようにしましょう。

どうして突然死するのか

お風呂で突然死する理由は色々考えられますが、特に多いのが血圧の急激な変化です。

熱いお湯に身体が浸かっていると、自然と体温が上昇し、血液を循環させる動きも早くなっています。

そこから急にお風呂から上がり、急激に周りの温度が下がると、血圧も大きく変動してしまいます。

軽い立ちくらみなどを起こしやすくなる結果、ひどい場合は死に至ることになるそうです。

 

予防法と対策は

お風呂での突然死を予防するためには、まずリスクを減らして予防を行うことが肝心です。

例えば、熱いお湯はお風呂が上がりやすくなり、身体に負担もかけるようになるので、基本的には避けるようにして、万が一のトラブルを予防しましょう。

入浴後に突然死しないためには、身体の負担を掛からないよう、入浴中にこまめに身体を動かして、血圧を安定させましょう。

少しずつお湯から上がって、急激な血圧の増減を起こさないようにしておけば、身体に負担をかける事無く入浴できます。

温度に慣れてから入浴する

突然死が起こる可能性は、やはり急激な温度や体温の変化による血圧の減少が影響する事がみられます。

そういった事を対処する方法としては、入浴をする際にはまずシャワーでぬるま湯に浴びて、徐々に温度を上げて体を水温に慣れさせるのが良いでしょう。

また、お風呂から上がるときも同様で、シャワーで少しずつクールダウンしながら上がる方が、体への負担は少なくなるでしょう。

 

お風呂上がりにも注意

入浴中ばかり身体への負担を気にしていてはいけません。

入浴後、お風呂から上がった時は一気に体温が下がっていく為に身体へ負担がかかりやすいです。

若い人であればまだしも、心臓があまり強く無い高齢者に関しては厳重に注意する事が必要です。

上がったからといって涼しい格好をするのではなく、すぐに服をきて、体を冷やしてしまわないように対策をされるのが心臓へ与える負担も少なくなるのでいいでしょう。

 - 基本 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

女性なら今すぐしたほうがいいお風呂の窓の防犯対策

お風呂に窓が付いていると、お風呂場の湿度を調整することが出来、カビの発生などを抑 …

美容効果!歯医者さんがお風呂での歯磨きをすすめている4つの理由

お風呂で洗うところといえば、身体や髪が思い浮かびますが、中にはお風呂に入りながら …

お風呂の残り湯で選択すると得られる4つのメリットがお得すぎる!

普段使っているお風呂のお湯を、そのまま捨ててしまうのはもったいないです。 浴槽の …

【お風呂の豆知識】壊れやすいバスポンプを長持ちさせるための方法

お風呂のお湯を洗濯に再利用するために、湯船から直接洗濯機に残り湯を送るために、バ …

お風呂に入りたくない人は実は無理して入らない方が健康的!

世間一般では、お風呂は健康や美容に効果的で、ストレス解消にも繋がるといいますが、 …

4人家族がしているお風呂節約術の驚きの効果とは?

最近は核家族化が進み、世帯数が少なくなってきていますが、まだまだ4人以上で暮らし …

片思い女子必見!恋愛運が上がる風水のお風呂への取り入れ方

占いやおまじないは、昔から世界各国に存在し、中には高い効果を発揮するといわれるも …

お風呂のふたの選び方はサイズが重要!&壊れたふたの捨て方まで

浴槽のお湯の温度を保ち、湯気による湿度の上昇を防ぐには、ふたを使うのが一番です。 …

お風呂最高!30分以上湯船に浸かることで得られる4つの効果

お風呂には、様々な美容と健康への効果があり、お風呂に入る時間で、それらの効力はよ …

ハマる前に知っておくべき半身浴を続けるデメリットとは?

ダイエットや美容効果など、様々なメリットがあるといわれている半身浴ですが、どんな …