お風呂ライフ

お風呂の楽しみ方情報サイト。半身浴やダイエット、効果的な掃除の方法などをまとめています。

*

睡眠を妨げないベストな入浴時間は何時?

      2015/12/06

hours-of-sleep-857957_640

お風呂に入ると疲れが取れ、美容効果も発揮することが出来ますが、程よい入浴時間を意識しないと、逆に睡眠を妨げることがあります。

そうするとせっかく取れた疲れが逆に溜まって、明日にまで疲れを引きずることになります。

疲れを取るために入浴する際は、より良い睡眠を取ることが出来るよう配慮することが大切です。

これからお風呂に入る際は、ベストな入浴時間についても考えるようにしましょう。

最もベストな入浴時間

睡眠を効果的に促す入浴時間は、大体20分から30分ほどと言われています。

それ以上長くなると、交感神経が激しく刺激され、脳が興奮状態に近くなるため、中々寝付くことが出来なくなってしまいます。

逆に短くなった場合、睡眠を促す交感神経の刺激が足りず、寝付くまでの時間が長くなってしまいます。

また、お湯の温度が熱い場合は、時間がちょうど良くても体温が高くなりすぎてしまうので、理想としては少し温めのお風呂に入浴するようにして、熱いお風呂に入りたいときは、入浴時間を3~5分程度に抑えて、身体の負担を抑えるようにしましょう。

 

睡眠までの時間

入浴から睡眠までの時間も、より良い睡眠を得るためには重要なポイントです。

お風呂から上がった直後は体温が大きく上昇しており、身体が落ち着くまでは中々寝付くことが出来ません。

逆に時間間隔が長すぎても、せっかくのお風呂で温まった身体も元に戻ってしまいます。

理想としては入浴してから2時間後には眠りにつくようにしましょう。

身体も程よく落ち着いて、脳もリラックスした状態になっているので、ぐっすりと眠りにつくことが出来ます。

適切な時間を守って睡眠を取る

朝起きるのが苦手、起きても全然疲れが取れていないなどの症状がみられる時、それは睡眠がしっかりと取れていない可能性があります。

入浴時間が適切でないという可能性も中には考えられます。

長過ぎても短過ぎても睡眠時間に影響してしまうため、正しい時間を把握して入浴するようにしましょう。

 

季節によって時間や温度を変える

入浴する時間や温度を変える必要があります。

熱すぎず低くしすぎないという事であれば、夏はやや低めの温度で、冬は少々熱めの温度で入る様にするのが良いでしょう。

また、夏場は無理に入浴をするとのぼせる原因にもなりかねません。

睡眠の質を落とさないためにも夏場はシャワーだけで済ましてしまう様にするのも一つの方法としてあげられるでしょう。

 - 基本 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

お風呂で立ちくらみする原因はなに?予防と対策法

お風呂は日々の疲れを癒してくれますが、調子に乗って長湯をしていると、お風呂から上 …

体質改善に効果あり!半身浴でアトピーを治療する方法

人の肌は様々な条件で状態が変化します。人によっては外部からの刺激に極端に弱い皮膚 …

1回のお風呂の水道代っていくら?追い焚きした場合との料金の違い

日々の疲れを癒してくれるお風呂ですが、冷静に考えると一回お風呂に入るだけでも、か …

お風呂で貧血が起きやすいのはなぜ?予防から対策まで

お風呂に入ると血行が促進され、疲れが取れたり、老廃物を排出したりと、様々な健康効 …

お風呂の残り湯で選択すると得られる4つのメリットがお得すぎる!

普段使っているお風呂のお湯を、そのまま捨ててしまうのはもったいないです。 浴槽の …

お風呂で突然死が起こるメカニズムとは?予防と対策まで

時折お風呂で突然死が発生するケースがあります。 特に高齢者に起きやすいといわれて …

意外に知らないお風呂の換気扇を回すベストタイミング

毎日お風呂に入っていると、気付かないうちにカビが繁殖していきます。 その最たる理 …

入りたくない・・・お風呂が面倒だと思う人間の心理とは?

お風呂好きの人が多い日本人ですが、みんなが同じようにお風呂に入るのが楽しみとか、 …

追い焚きできないお風呂にもヒーターが後付できるって知ってた?

温くなったお風呂を再び温めなおす追い焚き機能は、今では当たり前の機能として使われ …

人前で恥をかかないためのしっかり者女子の正しいお風呂の入り方

社会には色々なマナーがありますが、当然お風呂にもマナーは存在します。 自宅のお風 …