お風呂ライフ

お風呂の楽しみ方情報サイト。半身浴やダイエット、効果的な掃除の方法などをまとめています。

*

お風呂に入ると体がかゆいのはなぜ?痒み対策まで

      2016/04/14

cat-18430_960_720

お風呂に入ると身体がかゆい。

そんなトラブルに悩まされていると、せっかくのお風呂がストレスになってしまいます。

なぜかゆいのか、その原因を探してみましょう。

かゆみの症状別による対策法も一緒に探ってみました。

お風呂に入ると急にかゆい!

お風呂に入ると急にかゆいと感じるのが、気温の低い季節に多いとしたら温熱じんましんという症状の可能性があります。

寒暖差アレルギーというもの同じようなことで、急に身体が温まることでアレルギーの原因になるヒスタミンが放出されることがあるのです。

もともとアレルギーがあり、皮膚が敏感は人に多いです。

かゆいと感じた時には、皮膚を冷やすことで症状は緩和されます。

 

急に皮膚を温めないことがかゆい症状を予防することになります。

対策方法としては、お風呂のお湯の温度を低く設定することが効果があります。

寒い季節は熱めのお湯に入るのは気持ち良いのですが、急激に温まると毛細血管が拡張してしまいます。

ヒスタミンが血管を広げるのと相まって、強い痒みを起こすのでお湯の温度は低めにすることです。

ただし、お湯の温度を低く設定していても、身体が冷たくなっていて皮膚の表面温度が低いと、ぬるいお湯でも熱く感じることがあります。

温熱じんましんを起こさないためには、皮膚が刺激と感じるような温度差を避けることが重要です。

もしもかゆいと感じて、発疹のようなものが出てきたときは、皮膚を冷やすとかゆみが治まることがあります。

 

石けんやシャンプーが肌に合わない

温熱じんましんのようなアレルギーの他にも、肌が敏感な人は石けんやシャンプーなどに含まれる化学物質に反応してかゆいと感じることもあります。

石けんやシャンプーには、石油系界面活性剤や香料、着色料、アルコールなど、皮膚が刺激と感じる成分が含まれているものが沢山あります。

新しいシャンプーやボディシャンプーに変えた時に、肌に痒みを感じるような時は、使用するのを止めてみましょう。

 

もともとは何の問題もなかったのに、急にかゆいと感じるようになることもあるので油断はできません。

肌にはバリア機能という、保護する部分があります。

乾燥したり、洗い過ぎたりするとバリア機能が壊れて、今まで感じなかった刺激に反応することもあります。

肌が敏感になっているときには、無添加、低刺激のものを使うようにしましょう。

温熱じんましん、寒暖差アレルギーなど、刺激に弱くなっている時には症状が出やすくなります。

お風呂に入るとかゆみが出ることが続くようなら、皮膚科で治療することも考えた方が良いと思います。

 - 基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

お風呂の節約術☆追い焚きと足し湯のお得度を比較してみた結果

お風呂の温度は、放置すればするほど、どんどん下がっていきます。 中にはぬるくなっ …

入りたくない・・・お風呂が面倒だと思う人間の心理とは?

お風呂好きの人が多い日本人ですが、みんなが同じようにお風呂に入るのが楽しみとか、 …

お風呂でのぼせたとき吐き気を催したときに取るべき行動とは?

お風呂は程よい温度と入浴時間で、初めて身体に良い効果を与えることが出来ます。 熱 …

お風呂代が高すぎる?それならペットボトルを使った節約が効果的

お風呂に入るためには、水道代とお湯を沸かすためのガス代や電気代が必要になります。 …

お風呂のふたの選び方はサイズが重要!&壊れたふたの捨て方まで

浴槽のお湯の温度を保ち、湯気による湿度の上昇を防ぐには、ふたを使うのが一番です。 …

【夢占い】お風呂で泳ぐ・異性と入っている・溺れる夢は何を表している?

昨夜の夢はいったい何だったのか?と目覚めた時に不思議に思うことがあります。 そん …

基本的な半身浴のやり方 ポイントを押さえて正しく汗を出そう

入浴中に流れる汗には、大量の老廃物が含まれています。 代謝機能を活発にしてそれら …

お風呂に入りたくない人は実は無理して入らない方が健康的!

世間一般では、お風呂は健康や美容に効果的で、ストレス解消にも繋がるといいますが、 …

片思い女子必見!恋愛運が上がる風水のお風呂への取り入れ方

占いやおまじないは、昔から世界各国に存在し、中には高い効果を発揮するといわれるも …

人前で恥をかかないためのしっかり者女子の正しいお風呂の入り方

社会には色々なマナーがありますが、当然お風呂にもマナーは存在します。 自宅のお風 …