お風呂ライフ

お風呂の楽しみ方情報サイト。半身浴やダイエット、効果的な掃除の方法などをまとめています。

*

お風呂で眠くなるのはなぜ?眠ったら実は危険なその理由とは

      2016/06/10

animal-967657_960_720

お風呂に入ると温かくなって気持ちよくなり、そのまま眠くなることってありませんか?

ゆっくりとお湯につかりながら、眠くなるウトウトと居眠り状態になるのが幸せな時なんて思っている人は要注意です。

じつはお風呂で眠くなるのは、ただの眠気ではなく失神する一歩手前だといういのです。

ビックリすることですが、入浴中の死亡事故はかなり多く、そこに眠くなることが関係しているんだとか。

安全にお風呂に入るために、眠くなることの危険性について確認しておきましょう。

お風呂で眠くなる原因

入浴時の事故は、高齢者には特に多く、冬にはヒートショックという温度差が原因で脳疾患や心臓の発作などを起こすこともあります。

このような症状が出るのも怖いのですが、意外と知られていのが、浴槽に浸かったまま・・・という事故です。

このような事故は、以前は浴室内に給湯器が設置されていて、一酸化炭素中毒などが原因と思われてきました。

しかし現在は、屋外に設置さてるケースがほとんどです。

 

それでも入浴中に事故が起きてしまう原因があるのです。

その原因は、脳に送られる酸素量が少なくなることで失神状態になってしまうことにあります。

お風呂に入ると体が温まります。

すると、体温が上がるので、体温調整をするために血管が拡張されます。

 

さらに心臓が水圧で押されるので、血圧が下がりやすくなります。

その結果、血圧が下がりますので、血液と一緒に脳に送られる酸素量が少なくなって急激に眠くなることがあります。

これが失神と同じような状態となっているのです。

お風呂の危険を未然に防ぐために

お風呂で眠くなることが必ずしも失神とは言えなくても、危険であることは間違いありません。

もしも、本当に眠くなるだけでウトウトしているのだとしたら、顔が水面に沈んでもその瞬間に目が覚めるはず。

ところが、血圧が下がっていて失神状態だと、水面に顔が沈んでも目が覚めずに事故に繋がることだってあります。

それを防ぐための入浴法としては、お風呂の温度を40度~41度くらいにすること。

 

そして極端な睡眠不足の時や、お酒を飲んでいる時には浴槽に入らずにシャワーだけにすること。

浴槽の大きさが形状によっては、横になるような体勢で入浴することもあると思いますが、眠くなることがよく起こる人は、身体が沈み込む姿勢で入浴するのは控えるようにすることです。

入浴中の事故をしてしまう人が年間1万4000人もいて、その中でも居眠りに関する事故が4000人もいるというのが現実です。

ただの眠気だと甘く見ないようにした方がいいですね。

 - 基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

お風呂の節約術☆追い焚きと足し湯のお得度を比較してみた結果

お風呂の温度は、放置すればするほど、どんどん下がっていきます。 中にはぬるくなっ …

ハマる前に知っておくべき半身浴を続けるデメリットとは?

ダイエットや美容効果など、様々なメリットがあるといわれている半身浴ですが、どんな …

寒がり&お年寄り必見!お風呂の浴室を温めるための暖房対策

冬場のお風呂は、浴室が非常に寒くなっている事が多く、高齢者の場合は、急激な温度差 …

小物を整理してすっきりお風呂に!シンプル便利な棚特集

入浴中はただお湯に浸かるだけではなく、髪や身体を洗うなど、体中のケアを行うことに …

入りたくない・・・お風呂が面倒だと思う人間の心理とは?

お風呂好きの人が多い日本人ですが、みんなが同じようにお風呂に入るのが楽しみとか、 …

お風呂のタオルは毎日替える?使いまわしに潜むリスクとは?

お風呂で身体を洗ったり、上がった後に身体を拭いたりするときに使用するタオルは、人 …

お風呂上りののぼせの症状から見る予防法と対策

熱いお湯に長時間浸かると、のぼせてしまうことがあります。 のぼせの症状は、血液が …

空炊き注意!お風呂の栓の閉め忘れを予防する4つの方法

お風呂に入ろうとお湯を沸かして、しばらく経ってみてみると、栓を閉め忘れてしまった …

お風呂なのに暖かくない!冬の寒い浴室を暖かくする5つのコツ

お風呂といえば、温かいお湯が思い浮かびますが、寒い冬には中々浴室が暖まってくれま …

意外に知らないお風呂の換気扇を回すベストタイミング

毎日お風呂に入っていると、気付かないうちにカビが繁殖していきます。 その最たる理 …