お風呂ライフ

お風呂の楽しみ方情報サイト。半身浴やダイエット、効果的な掃除の方法などをまとめています。

*

お風呂デビュー!赤ちゃんが喜ぶ入れ方マニュアル

      2015/09/14

baby-390555_640

赤ちゃんや小さい子供のお風呂は、親のサポートが必要不可欠です。

お風呂に慣れていない間は、びっくりして泣いてしまうことも多いですが、喜ぶ入り方を意識することで、泣かずに浴室に入れるようになります。

子どもの入浴は、親がサポートすることが大事なので、お子さんの苦手意識を綺麗に解消させるためにも、上手なお風呂の入り方をマスターしましょう。

温度管理に気を配って

赤ちゃんは体温が高く、皮膚も弱いので、ぬる目のお湯に浸かったほうが、快適に入浴することが出来ます。

ただし、季節によってはぬる目の温度だと身体を冷やしてしまうので、その日の気温にあわせてお湯の温度を調節してください。

お湯に浸かり続けても、体温が上昇して体力を消耗するので、お風呂の時間は大体10分から15分までに済ませましょう。

 

楽しい習慣と印象付ける

お風呂が苦手な赤ちゃんは、浴室の特殊な環境に戸惑いを覚えていることが多いので、楽しい習慣と印象付けることで、苦手が解消されることがあります。

一例だと、お風呂に浸かっている最中、歌を歌ってあげると、リズムが好きな赤ちゃんは喜んでくれるので、続けているうちにお風呂が好きになってくれます。

 

家族で協力して

赤ちゃんのお風呂は、家族で協力して行うのが一番です。

赤ちゃんもお父さんと一緒に入浴する事で、より強く家族であるという認識を強め、家族間の結束も強くなります。

何よりお母さんの育児の負担を軽減することが出来るので、お風呂が苦手なお子さんに困っている方は、お父さんに任せてみてはいかがでしょうか。

万一の転倒には注意を

入浴で気をつけなければならないことは、万一の時の転倒です。

もし、入浴の時などで、余計な転倒などをしてしまうようなことがあれば、大きな怪我の原因になってしまうことがあります。

そのようなリスクは、事前に注意を払って、出来る限り避けるようにしてください。

放置しておくと、怪我などの原因になってしまう可能性があります。

特に、足場が滑りやすい、などの時には注意をしてください。

 

赤ちゃんの体調に注意を払おう

お風呂に入る時に、注意しなければならないのは、赤ちゃんの体調面です。

もし、急に体調が悪いと感じた時には無理をさせないようにしてください。

小さい子どものうちは、予想不可能な原因によって、体調を崩してしまう可能性があります。

そのまま放置しておくよりも、少しでもケアができるように配慮をされることをお勧めします。

きっちりと、お子さんのことを考えて対応をすれば、負担を減らすことができますから、ぜひ配慮をするようにしてください。

 - 子供 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

新米ママ必見!赤ちゃんのお風呂上りの湿疹対策&予防法

赤ちゃんが生まれると、お風呂に入れてあげる機会が必ず表れますが、お風呂上りの赤ち …

子どもがお風呂嫌い!好きになるために母親がするべき3つのこと

「早くお風呂に入りなさ~い」と何度声をかけても、一向に入ろうとしない子供。 一緒 …

子供に与えるお風呂の影響が健康と脳に良いことが判明!

普段入るお風呂は、子供に様々な影響を与えるといいます。 浴育という言葉が生まれる …

お風呂嫌いの子供がお風呂が大好きになる絵本

子どものお風呂嫌いは、ただ入浴させているだけでは、中々治ってくれません。 小さい …

新米ママ必見!妊娠中の赤ちゃんに優しいお風呂の入り方

妊娠中は赤ちゃんを守るために、外部からの衝撃や負担から身を守る必要があります。 …

楽しく入浴習慣をつける!お風呂で遊べるおすすめおもちゃランキング

お子さんがお風呂嫌いで困っているという方は多いのですが、お子さんのそういった好き …

将来は美術家?簡単に消せるお風呂でかけるクレヨンが便利

お風呂での遊びは、子どもに入浴を好きになってもらうと共に、子どもの成長をより促す …

お風呂遊びで発想力が飛躍的にアップする!楽しく知育しよう

毎日のお風呂は、子どもの教育に欠かせない重要な時間です。 小さい子どもは常に新し …